マカロンの日記

スカイライン400RとSUPER GTに夢中!!

「大人の趣味」に求められるもの

こんにちは。マカロンです。

私は結婚して最初の数年間は専業主婦でしたので、慣れない家事に手こずりながらも、暇を持て余していました。そこで何か趣味でも持ってみよう、と思いました。かと言って特にやりたいこともないし。独身の一時期、3年ほどテニスをやっていたのですが、コートを汗ダクで駆けずり回るのも。。。そこで、もっと軽いノリでできるカルチャースクールの手芸や体操にチャレンジしました。が、どれも三日坊主で続かず。以降やってみたいことに出会わなかったので趣味を持つことはありませんでした。その後仕事を持つようになり、趣味とは無縁の生活を送っていました。

f:id:macaron-400r:20210609223230j:plain

しかし、ある時、仕事仲間と食事をしていて、趣味が話題となりました。楽器を趣味にしている人が何人かいましたし、写真、DIY、みんなそれぞれ仕事以外の顔を持っていることがわかりました。中には、若い頃はバンドマンとして活動していた人もいました。私は趣味がないので聞く一方でした。かと言って別に疎外感を感じたわけではありません。ただ、趣味のことを話している彼らの表情は、とても生き生きとしていてハツラツとしていました。「どうやら趣味は人の内面を豊かにするものらしい」そう感じた私は、本気で趣味を持ってみたいと思うようになりました。仕事と家事に明け暮れてこのまま歳を重ねていくのもなぁ、と思い始めていた頃でもあったので、自分が好きでかつ続けられるものを探すことにしました。

私は、食事の席で元バンドマンの人に「40代で楽器を始めても上達するものですか?」と聞いたところ、「全然大丈夫。上達しますよ。やってみたら?」と言われていたのを思い出しました。その場のノリで言っただけかもしれないその言葉を、アホでチャラい私は真に受けていたのでした。そうして前々から楽器を演奏することに憧れていた私は、40代でギターを始めることになったのです。ただ、今回はカルチャーで撃沈したときとは本気度が違いました。費用や現在の生活との相性、継続性についても熟考したのです 。ギターに目を付けた理由は、
・楽器の中では初期費用、ランニングコストともに比較的抑えめ
・家の中での置き場所にも困らない(場所をとらない)
・メジャーな楽器なので教室も見つけやすい(ざっとネットで見ただけでも近隣に何か所かありました)
・習得に関しても、ピアノなどと比べるとハードルが低そう(あくまで素人考えですが)

知人に、楽器屋さんは教室もやってるところがあると聞き、楽器屋さんにGo。体験レッスン受けて即入会。ギターもそこで購入しました。

40代で趣味をやる際には、若いときにやったことがあるものの方がよい、という意見もあります。しかし、今までにそういう経験に乏しかったり、若いときにはやったけど、今は興味を失ってしまった、そういう場合もあると思います。
私の場合、学生時代の部活にしろ、社会人になってからのテニスにしろ、ほとんどスポーツでした。スポーツは「運動」なので身体的健康という観点でよいのはわかるのですが、多くの場合、勝敗が絡みます。テニススクールでも、前半に基礎をやり、後半は軽いゲーム形式になります。ゲームになると、勝つ人と負ける人は決まっています。本格的に部活でやっていた人にはまず勝てません。1回や2回ならいいのですが、毎回負け続けるとなると。。。自分が上達しているかどうかもわかりにくいですし、仕事でヘトヘトになった後も負けっぱなし、というのもキツイものがあります。心の健康には必ずしもよいとは言えない部分があります。いずれにしろ、必ず勝者と敗者を作る類の趣味は、少なくとも自分向きではありません。

音楽は、特に趣味でやる場合は、勝敗とは無縁の世界です。レベルの違う人たちが集まってバンドを組み、一つの曲を奏でることだってできるのです。私はその点が気に入ったのです。

「勝ち負けより心の豊かさを」ーこれが40代の自分が趣味に求めるものなのかな、と思います。